蛇口交換豆知識

賃貸住宅での蛇口交換

賃貸住宅での蛇口交換

賃貸住宅での蛇口交換 賃貸住宅の蛇口にトラブルが生じると生活に支障が生じますが、大家さんや管理会社に相談を行わずに勝手に交換することは避けるべきとされています。なぜなら賃貸契約上、借主は退去時に原状回復義務を負っているからです。もし退去時に蛇口に不備があれば、さらに追加で費用を請求される可能性があります。
必ず確認しておくべき事項として、業者への依頼は誰が行うのかと交換費用の負担はどちらが行うのかの2点です。物件によっては契約時に「修繕は家主が指定する業者が行う」とする特約が結ばれている可能性があります。この場合は、原則として大家さんが依頼を行うことになります。また、費用の負担についても契約でルールが決められている可能性があります。例えば、建物内の修繕費用の負担は借主とする特約がある場合も少なくありません。しかし、蛇口のように生活に欠かせない備品が損傷した場合、費用負担は原則として貸主が行うべきとするのが近年の流れです。借主が蛇口を故意・過失によって壊したのでなければ、費用負担を行う必要はありません。
この2点を確認しておくことで、退去時のトラブルを防ぐことができるとともに、費用負担をせずに済むメリットが生じる可能性があります。

賃貸住宅での蛇口交換は管理会社に確認してから

賃貸住宅での蛇口交換は管理会社に確認してから 賃貸住宅の管理は物件所有者自らが行うのではなく管理会社に委託して行われるのが通常ですから、住宅や設備に借家人の自己都合により変更を加えようとする場合には先ず管理会社にその可否を確認してみる必要があります。
例えば蛇口の交換を例にとってみても、蛇口には様々な仕様があって設置個所や目的、あるいは書く人の好みによって良否がわかれるところですが、物件の所有者にとってはそれが最も適材であると判断して設置したものであり、また、賃貸住宅の場合は契約書において住宅や設備等の形状を変更する場合には所有者の了承を得ることとなっているのが通常であり借家人が勝手に変更を加えることは難しいです。蛇口の交換をしてほしいのであれば管理責任者に相談して所有者の了解を得ることにより可能です。契約書の中で建物や設備の変更は貸主が負担するとなっていてもこの場合のように自己都合による変更を行う場合には、費用の負担を求められることもあります。

Copyright © 2018 蛇口交換豆知識 all rights reserved.