蛇口交換豆知識

賃貸での蛇口交換の流れ

賃貸での蛇口交換の流れ

賃貸での蛇口交換の流れ 賃貸住宅で蛇口交換するときに、最初の流れとして退去の際に元に戻す原状回復を行う契約になっているのか確認しましょう。
この契約になっていると、以前よりも使い勝手が良くても戻すことになるため、外したものは壊れていても保管しておきます。
なくしていると、戻せないことを理由に費用を請求される場合もあるので注意します。
また、それが入居したときからあった蛇口であれば、トラブルを避けるために大家や管理会社に連絡をしておくのが適切です。
交換の理由が蛇口の故障であり、こちらに過失がない場合は経年劣化によるものなので費用の負担をしてもらえる場合もあります。
連絡して大家や管理会社ではなく、自分で対応することになった場合の流れは他の住宅と同じです。
業者に依頼するのであれば費用が安く、信用性の高いところを探しましょう。
DIYで対応するのであれば必要な道具を確認して揃えますが、この場合も失敗した場合に備えて業者は探しておくと安全です。

賃貸住宅での蛇口交換のポイント

賃貸住宅での蛇口交換のポイント 賃貸での蛇口交換のポイントは、大家さんときちんと相談をしたうえで作業を行うことです。
勝手に交換することはトラブルのもととなってしまいます。
原状回復をする必要があるため、あとで蛇口を元に戻さなくてはならなくなります。
もし、大家さんと相談したうえで、変えた後元に戻さなくても良いとなれば、出ていくときにそのままにしておくことができるため、対応可能かどうかを聞いてみましょう。
だめだといわれて場合は、出ていくときに戻せば問題はありませんが、交換した時に不具合が生じてしまえば原状回復費用は自分で負担しなければならなくなるなど、あまりお勧めはできません。
したがって、取り換えるなら、大家さんからOKが出たときのみにしましょう。

賃貸物件といえども蛇口部の劣化はある!部品交換手順を示して請求するべし

賃貸物件といえども蛇口部の劣化はある!部品交換手順を示して請求するべし 賃貸物件は、借りているということで気後れすることが多いように感じますが、借りたときと同様の性能を有したものを借りているからそのレンタル料金を支払っているわけで、借りたときと同様の性能を有しなくなったときは堂々と、ここが悪くなった、初期の性能がなくなったなどを具体的に主張すべきです。

例えば物件を借りた当初は、水道の蛇口からは水漏れ・水のにじみなどはなかったが、それが発生しだして、水道料金が上がったなどは主張すべき内容で、普通に使っていれば誰が使用しても発生する症状です。
水道の蛇口などは誰が使ったとしても同じことが起こり得ることで、水のにじみなど修理した後でも、微細な症状でも、賃貸先に必ず連絡すべき事項です。

連絡する事項は発生内容、処置内容(外部対応会社でも自主対応だったら交換部品と組替手順など)を記録し、その都度あるいは契約終了後でも伝えて、かかった金額を請求または退去時に発生する精算業務時に組み込むべき事項です。
これは誰が使用したとしても起こり得る修理内容なのですから、修理に要した費用などは連絡してその内容に反映させるべきです。
特に水道蛇口近辺の劣化しやすいパッキン交換などは伝達すべき事項で、黙っていれば何事もなかったかのように処理する家主・不動産会社には、次に入居してくる方のことを考えても言うべき事項になります。

Copyright © 2018 蛇口交換豆知識 all rights reserved.